スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイク

オーナー様はよくご存知だと思いますが、Sconは頭が重いのでよく前のめりに倒れます。
そうするとまず鼻からメイクが剥がれ、頬のチークが落ち・・・以下略。
我が家の栗鼠も例外ではなく
先日まじまじと見たら、物凄く残念な事になっていたわけで・・・
ひで氏がメイクを全て落とし、はじめからやり直しました。

ところが。
出来上がった栗鼠のフェイスに納得がいかないご様子。
私もいまいちしっくりこなくて二人とも唸る事数分。

私が、「うーんベースの色かなぁ・・・」と思い、パステルを配色して試しに載せてみたら、
二人で「この色だー!」となったのです。


そこまでは良かったんだけど・・・

その後のhide氏の台詞が
「あ、asukaさんじゃあ全部落としてはじめからメイクしてみてくれる?」
でした。


(*´▽`)・・・・・・ん?


お・・・おお・・・想定外の事件が起こりましたよ・・・!
hide氏もメイク初心者ですが、私はそもそもキャストドールにメイクしたことがありません。
初めてのキャストメイクが栗鼠?小さすぎじゃ!
でも面白そうだからちょっとやってみたいかも・・・


というわけで。Sconにメイクしてみました。

20130131_001.jpg

hide氏のリクエストが、「2次元っぽいメイク」「まゆげは必須」「濃すぎないメイク」
だったので、そこを踏まえながらプルプル筆を取りました。
ネットでメイクの仕方を調べて、
はじめは細い線を引けるまで1時間くらい練習。

分かってはいましたが、思うように筆が動いてくれなくてもどかしかったです。
筆のせいにしたい位(笑)

20130131_003.jpg

まずは、タイム君から。
はじめ仕上げた時はラインが細すぎて女子っぽかったので、
目のふちどりはがっつり取ってみました。

左右非対称なのは仕様です・・・orz



20130131_002.jpg

そしてライム君。
ライム君って造形自体陶酔しているので、やりすぎないようにするのが大変でした。



メイク感想。
どのジャンルもそうですが、一日で何とか出来るものではないと思いました。
0.2mmラインが太いだけで印象が全く違うので、自分の好きなフェイスにする技術は
描き続けていくしかないかなーと思います。

ただ思った。ライムとタイム以外はメイクしません。気を使いすぎる!
メイク受けておられる作家さんは本当にすごいなぁ・・・と改めて思いました。


ドルミスにはライムとタイムを連れて行きます!
栗鼠オーナー様、お時間ありましたらお写真とりましょうね(*´▽`)♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

asuka

Author:asuka
夫婦でゆっくりと、ドール関係のものを作る日々。

洋服:asuka
小物:hide

ブログはasuka が担当しています。

カテゴリ
リンク
リンク(hp)
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。