スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁縫道具

20140212_001.jpg

お針子している時に幸せになる道具って、良いですよね。
切れ味が良いハサミとか、使い勝手のよいアイロンとか、自分に合う裁縫道具を見つけると幸せになります。
そうすると不思議とお針子のモチベが上がるんですよね。


20140212_002.jpg

□■ The Handmade of hide.


針さしです。

実は使っていた針さしが壊れてしまい、次の代の針さしを探していたのですが
なかなか自分の好みのものが見つからなくて。

そんな時hide氏が「ちょっと作ってみたいものがあるんだけど」
というので、すべてお任せしました。

リクエストは
「丸くてやさしいフォルム」「木」「色分け」「針が落ちない深さ」
です。多い!!笑
特にお願いしたのが、深さ。
小さくてもいいから縫い針をどう差しても落ちない形にしてもらいたくて。
私さし方が悪いのか、普通のピンクッションだと中にもぐりこませちゃうんですよねー・・・。



20120212_003.jpg

こちらが針刺しのベース。
前の写真でわかった方も多いと思いますが、モチーフは枝豆です。

我が家には旋盤がありません。ので、旋盤で半球にくりぬく事ができません。
ドリルでゴリゴリ削ったそうです。
中は見えなくなるので、そこまで整えていません。そのまま使うものを作る時は旋盤必須かもしれませんね。



20140212_005.jpg

円の直径は約2cm。どの角度から差しても、中で縫い針が迷子になることはなさそうでとてもうれしい!
そしてこの球は、羊毛です。
色は選ばせてもらって、その後hide氏が3個分、チクチク刺して丸めました。
程よい固さで、針はサクサクと刺さります。

へたってきたら、また色を変えて作るということができるのでとても楽しく使えそうです♪



20140212_004.jpg

上から。
上からみると、アイスクリームみたいに見えてきます。ころんとしてとても可愛いです。



実はこういった半円に削られている木の雑貨は100円ショップや雑貨屋さんで時々みかけます。
モチーフは枝豆あったかな?リンゴとかバナナとか家の形をしていて、半円にくりぬかれているものです。
用途は恐らくアクセサリー入れ。

木が彫れないよ!という方でも、そういった雑貨を購入して
それに合わせた羊毛をさせば、針さしの出来上がりです。
(ただ接着させるとしても、ある程度の深さはあったほうが良いかもしれません。)

大きいものがよければ、手芸メーカーさんから木製の針刺しキット?のような
くりぬかれた木の台だけ購入できますし、そういう意味では手軽にできるかもしれませんね。
布で作るピンクッションも可愛いですが、羊毛もとても可愛いですよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

asuka

Author:asuka
夫婦でゆっくりと、ドール関係のものを作る日々。

洋服:asuka
小物:hide

ブログはasuka が担当しています。

カテゴリ
リンク
リンク(hp)
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。